www.matsu-clinic.net

まつむら内科クリニックロゴ

トップページへ

検査について

消化器

食前食後の胃痛、重苦感、胸やけ、胃部のムカツキ、ゲップ などで悩んでいる方、
それらの原因 の早期治療のため、胃内視鏡検査を受けてみませんか。
当院では最新の内視鏡設備を整えております。

※内視鏡検査は基本的に予約が必要です。
ご希望の方はお気軽にスタッフまでお申し付け下さい。

腹部超音波検査について

お腹にゼリーを塗り、機械をあてて調べる検査で無痛です。
空腹で来院して頂きます。肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓を観察することができます。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を受ける患者様へ

上部消化管とは食道・胃・十二指腸を指します。これらの場所にできる病気(炎症・潰瘍・ポリープ・がんなど)を見つけ、よりよい治療方法を考えるために行います。当院では従来通り行う口からの内視鏡と鼻から行う内視鏡があります。

胃イラスト

胃炎とストレス

「胃は第二の顔」と呼ばれるほど、精神的影響を受けやすい器官です。 ですから心配事やストレスがあると即座に胃は反応してキリキリと痛み出します。


胃痛イラスト

内視鏡は、怖くない!

怖いのは症状の原因です。いずれの内視鏡検査も、もし病変が見つかれば良性の病変とがんを区別するために一部をとって顕微鏡で調べる検査(生検)を行います。


胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃の検査はバリウムを飲む検査ではなく内視鏡(胃カメラ)を喉から入れて直接、食道、胃、十二指腸を見て診断する検査です。

経鼻内視鏡検査(鼻からの内視鏡検査)

胃の内視鏡検査は口からだけでなく、鼻からも行えます。

経鼻内視鏡検査

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

肛門から内視鏡(大腸カメラ)を挿入して、曲がりくねった腸管の内側を直接観察する検査です。

呼吸器

咳に注意!
「コンコン」「ゼコゼコ」
咳にもいろいろなタイプがあります。
原因にも気管支炎、喘息、結核、肺癌などいろいろ考えられます。
検査が遅れると手遅れになることもあります。
咳がなかなか止まらない時はお早めに受診下さい。

胸部ヘリカルCT検査

肺イメージ 肺がん死亡は近年第一位で、今後ますます増加傾向にあります。
ヘリカルCT検査では、数ミリの大きさの初期肺がんを検出することができます。一般のレントゲン写真では心臓などの影に隠れた病変を見逃してしまうことがあります。また、ヘリカルCTでは肺がんだけでなく肺気腫の早期の発見ができます。
肺がんは喫煙の関係はよく知られていますが、肺気腫も主な原因は喫煙です。

循環器

めまい・動悸・息ぎれ・・・
こんな時、心電図検査が必要です。
あなたの心臓は大丈夫ですか?

心電図検査

心電図検査 当院では、24時間(ホルター)心電図検査を行っています。
仕事中、食事時、睡眠中など、一日中休みなく心電図を連続記録します。
たまにしかあらわれない心電図変化も逃さずすべてキャッチ、不整脈や心筋梗塞など 心臓病の早期発見に役立ちます。
めまい・動悸・息ぎれ・胸痛などの自覚症状のある方は、お気軽にご相談下さい。
レコーダーは軽いので身動きの妨げにはなりません。

その他

禁煙外来

ドクター 「禁煙外来」とは、たばこをやめたい人向けに作られた専門外来の科目で、一定の基準を満たす喫煙者の禁煙に関し、健康保険の保険適用もされています。

禁煙外来について詳しくはこちら

前立腺癌の検査

ドクター 男性は60歳を過ぎたら年一回は血液検査で前立腺癌の検査をおすすめします。 前立腺癌はPSAという腫瘍マーカー検査で早期発見が可能です。
詳しくは診察室でお尋ね下さい。

骨塩定量検査(骨密度測定)

骨くん 骨の中のカルシウム量が減って、骨がもろくなるのが骨粗しょう症です。
出産や閉経によるホルモンの変化がカルシウムを減少させるといわれ、女性に多い病気です。 検査方法にはいろいろありますが、同じ方法で定期的に骨の変化を調べて予防することが大事です。

© Matsumura-Clinic 2010 all rights reserved.